ツアーNo.K06

新政府都市プトラジャヤとフルーツ園観光 (クアラルンプール発)

新政府都市プトラジャヤとフルーツ園観光 (クアラルンプール発) ツアーNo. K06
  • 所要時間: 約6時間30分

マレーシア・クアラルンプール・オプショナルツアー(日帰り観光)
「プトラジャヤ」は、クアラルンプールの国際空港の間に位置する行政計画都市です。行政機能が集約されている都市ではありますが、人口湖「プトラジャヤ湖」やピンクモスク、首相府、スリ・ワワサン橋など美しい建造物が作り出す優雅な景色は一見の価値があります。また、プトラジャヤ内には「自然と教育」を理念に政府機関の一つである農業開発機構が開発したフルーツ園があり、様々なフルーツや香辛料などの木々を見ることができます。普段は目にする機会があまりない、熱帯のフルーツが木になっているところを観察することができます。
このツアーでは、主要な建物を見学した後フルーツ園に立ち寄り、昼食後プトラジャヤ湖クルーズで、湖上よりプトラジャヤの風景をお楽しみいただきます。

今すぐ予約

詳細

  • 催行日

    月曜日以外

  • 所要時間

    約6時間30分

  • 最少催行人数

    2名

  • 集合場所

    ご滞在先の各ホテル

  • 解散場所

    ご滞在先の各ホテル

  • 食事

    昼食

ツアースケジュール

09:00 ご出発
10:00 首相官邸、首相府、モスク(全て外観)
11:00 フルーツ園
12:00 ご昼食
13:00 プトラジャヤ人口湖クルーズ
15:30 ホテルまでお送り

このツアーの見所

首相官邸、首相府、モスク(全て外観)

(1)プトラジャヤ
マレーシアでは、2020年までに先進国入りをするという「ビジョン2020」を推進しています。これまでの椰子、錫、ゴム、石油などに依存した産業から、IT技術を中心とした付加価値の高い産業構造に転換するため、マルチメディアスーパーコリドール計画のもと、クアラルンプールから、国際空港にいたる約50kmの丘陵地を切り開き、新たなインテリジェントシティとして、新行政都市プトラジャヤ、情報都市サイバージャヤ等を建設しています。プトラジャヤは100%政府出資のプトラジャヤ開発公社が開発・運営するもので、首相官邸および公邸、連邦政府機関の大部分が移転される予定で、1995年に建設が開始され、1999年には首相官邸が移転、2000年には運輸省、科学・技術・環境省、外務省が移転、2005年までには残りの政府機関すべてが移転し、2010年には住宅や公園等の環境整備などのすべての開発が完了する予定となっています。ただ、KLには連邦議会が残ることと、交代制とはいえ、王宮があるため移転完了後も、首都はクアラルンプールに置かれます。これは首都移転ではなく、首都機能移転となります。そういった背景に加え、壮観な建物群を見るだけでもがんばるマレーシアの近代化を感じてていただけます。

(2)首相府
マレーシアの首相が執務を行う首相府はプトラ広場に面した丘の上に建っています。屋根にインド風のチャトリ(あずまや)を載せているますが、これはマレーシアの近代様式でもあります。イギリスの植民地時代1900年前後にKLの官庁施設群が建設されるますが、その際にインド・ムガール様式がマレーシアに持ち込まれたといわれています。ドーム屋根は色からは銅板のように見えますが、継ぎ目がないコンクリート打ち放しの上に塗装されたものです。

(3)首相官邸
首相の住まいで湖畔の丘の上に建っています。公邸正面には湖が広がり、遠くには首相府やプトラモスクが眺望できます。外観はドームが目立ちますが、これ以外は、イスラムイメージは使われていません。内部はいたって西洋風。内装は質素で、外壁は吹き付け、内部も床や壁に大理石などが使われてはいますが、高級感を抑えた落ち着いた雰囲気です。

フルーツ園

(4)フルーツ園
「タマン・ワリサン・ペルダニアン」は、「自然と教育」を理念に、政府機関のひとつである農業開発機構が計画都市プトラジャヤ内に作った農業公園です。各種フルーツやゴムの木、スパイス、ハーブなどが植えられています。観光客や地元学生などの見学を広く受け付けています。

プトラジャヤ人口湖クルーズ

(5)人工湖クルーズ
緑と水が豊かな都市計画がされており、大きな人工湖でクルーズをしていただくと、その綺麗な都市の風景をご覧いただけます。

期間&料金

期間 料金 (リンギット) 備考
2018年04月01日
~2019年03月31日
日、火~土 : 大人   350
日、火~土 : 幼児   0
日、火~土 : 子供   175
今すぐ予約

キャンセル条件・備考

備考

*ご予約受付締め切りは、前営業日の午後5時30分迄となります
*日程の表記時間は目安であり、ツアー時間はホテルの場所や交通渋滞により変わりますのでご了承下さい。

*金曜日は、モスク内への入場が出来ない場合がございます。

【送迎可能エリア】
送迎可能エリアは、クアラルンプール市内(クアラルンプール、モントキアラ、ミッドバレー、タマンデサ地区など)となります。その他エリアの送迎に関しましてはご相談ください。
なお、繁忙期ははツアーのお迎え場所を指定ホテルに限定させていただきます。
恐れ入りますが、下記指定ホテル以外にご滞在のお客様につきましては、お客様ご自身で指定ホテルまでお越しいただくこととなりますのでご了承くださいませ。

<指定ホテル>
*ALPHA GENESIS (アルファジェネシス)
*SWISS GARDEN (スイスガーデン)
*ROYAL CHULAN (ロイヤルチュラン)
*JW MARRIOTT (JWマリオット)
*BERJAYA TIMES SQUARE (ベルジャヤ・タイムズ・スクエア)
*SOLEIL (ソレイル)
*PULLMAN (プルマン)
*MANDARIN ORIENTAL (マンダリンオリエンタル)
*WESTIN (ウェスティン)
*FEDERAL (フェデラル)
*TRADERS (トレーダース)
*PARK ROYAL (パークロイヤル)
*PARK ROYAL SERVICE APART (パークロイヤルサービスアパート)
*SORMERSET BUKIT CYELON (サマセット・セリ・ブキッ・セイロン)
*NOVOTEL (ノボテル)
*DOUBLE TREE BY HILTON (ダブルツリー・ヒルトン)
*INTERCONTINENTAL (インターコンチネンタル)
*GRAND MILLENNIUM (グランドミレニアム)
*SHANGRI-LA KUALA LUMPUR (シャングリ・ラ クアラルンプール)
*MAYA (マヤ)
*RITZ CARLTON (リッツカートン)
*HILTON KUALA LUMPUR (ヒルトンクアラルンプール)
*RENAISSANCE HOTEL EAST WING (ルネッサンスホテル/イーストウィング)

キャンセル条件

日本語観光、ホテル、クーポン、スパ、ゴルフ(一部のツアーを除く)

以下で定める取消料金をお支払いいただく事により、旅行契約を解除することができます。尚、取消日はお客様が当社の平日営業日、営業時間内に解除する旨をお申し出いただいた日とします。営業時間外、休業日、土曜・日曜・祝日に取り消しのご連絡をいただいた場合は、その翌日以降の平日営業日を基準としてお取り消し手数料を算出いたしますのでご注意下さい。

出発前日12時まで 無料
出発前日12時以降~17時まで 50%
出発前日17時以降又は事前の連絡なく参加されない場合 100%
  • 営業日&営業時間:平日9時~17時30分、土曜10時~15時(マレーシア祝日・日曜は休業となります)
  • 上記時間はマレーシア時間で、マレーシア時間は日本との時差-1時間です(例:日本時間正午の時、マレーシア時間は午前11時です)。
  • 旅行開始後、お客様のご都合で宿泊・食事等のサービス提供をお受けにならなかった場合の払い戻しはございません。
  • 上記条件と異なる商品に関しましては、本ホームページ中にその旨を記載しているか、若しくはお申し込み時にお知らせいたします。

予約
検索一覧へ戻る